久しぶりのおれのアディクシー鉄板レシピ。

Pocket

THROWカラー好きの僕ですが、最近は昔ほど偏向せずにアディクシーとかも普通に使用します。

たまにアディクシー記事書いたりもしますが、昔書いていたTHROWの記事に比べたらそれはてきとーで。w

んでもそんな記事でも「アディクシー レシピ」とかでまぁまぁ検索上位にきてるらしいので書ける時はちゃんと書こうかと思います。

わりと上位にきてる記事。

おれのアディクシー。サファイア×シルバー

2019.04.22

すんません。テキトー過ぎます。w

レシピ検索で辿り着いた方に申し訳ないです。

んでは今日も似たようなカラーをしたのでご案内。

やはり鉄板はサファイア×グレーパール

ビフォー。

ずっとTHROWで染めてたのでカラーを赤みはあまりありません。

ただ元々赤みの強い毛質とコンフォートカラー(白髪染め)もたまに使用するので、写真の写りよりかはオレンジみがあるかなぁと思います。

目指すは。うーん。そうだなぁ。まぁ赤みのない茶色かな?wベージュ?

アッシュとはちょっと違うかな?寒色ブームは引き続きですが以前よりは随分ベージュ寄りになった気がします。まぁ綺麗な色目指そう。

使用カラー。7サファイア×7グレーパール(1:1)新生部は6%、既染部は3%です。

えーっと。サファイアも綺麗なんですがちょっと強烈すぎるので基本割ります。

グレーパールかシルバーで。どっちでもいいんですが、ベースのオレンジみが強かったらグレーパールで黄色みが強かったらシルバーを使う事が多いです。

アディクシーは3%使うと結構な確率で毛先が沈みますよね〜。

これも若干沈んでますし。w

なので4.5%という選択肢も全然ありかと思いますが、なんとなくダメージしそうなのと、なんとなく色持ちが良さそうな気がしてあえて3%使用が多いです。

まぁ1週間後ぐらいがベストかなぁという染め方をいつもしてますね。もうこれは考え方次第ではいいと思いますね。

ご参考にどうぞ〜。

    Palacchi豊中店出勤カレンダー
ご予約や来店前のカウンセリングにご利用頂いるLINE@です。ご予約のお問合せやスタイルのご相談等お気軽にご利用ください↓ HOT PEPPER Beautyからのネット予約も便利です。こちらからどうぞ↓ Palacchi 豊中店へのアクセスはこちらからどうぞ↓

ABOUTこの記事をかいた人

sumitatsuya

阪急豊中駅近くのPalacchi豊中店のスタイリスト。カラー剤『THROW』を駆使した究極のアッシュを体現。髪をベースから作り込み色持ちや発色の良さ、髪への負担を最大限に考慮した中長期的なプランを提案する、地域随一のカラーテクニック。しがらみの無い柔軟な発想でサロンワークに取り組む一方、ウェブ上で個人メディア等を通じてサロン外でもお客様に携われるように絶えず発信をしている。