BULK HOMME(バルクオム)を手に入れた。さっそく使ってみた。@布施

Pocket

話題のメンズコスメBULKHOMMEを手に入れました。

 
blog_import_54ccb577140db

 

撮り方荒っ!笑
 
さっそく使ってみました。
 
 
まず自分の肌のコンディションとしては口周り乾燥で、あとはベトベトベットンのオイリーなのでややこしい混合肌と思います。
 
 
肌トラブルも起こりやすく、市販の安い洗顔料や化粧水なんかも使ってましたが、年齢を重ねてきてなんか辛くなってきましたのでここ半年はお湯洗いのみでした。
 
 
てか、関心が薄かったです笑
しかし、何かこう、老けたな~と。やっぱ肌とか若々しくいれたらいいなぁと少し思ったので、手遅れにならないうちにやってみようと笑そういう次第でございます。
 
 
容器はコスト削減の為非常にチープな作りになってますね。
 
その分原材料に回してるんですかね。
 
 
では顔を洗ってみます。
 
 
 
 
 
 
blog_import_54ccb578eb742

 

まさかユニバで買った被り物がこんなところで役立つとは。
メガネ跡が痛々しいですね。
 
 
手の平に洗顔料を出しまして
 
blog_import_54ccb57a6e25f

荒いな~。いや、けっこう固いんですよ、なんか。生石鹸いうやつですね。

 
泡立てます。ネット使います。
 
 
blog_import_54ccb57c002b0

 

こねこねこねこねこ猫猫猫猫
 
 
blog_import_54ccb57d3862d

 

これは…
 
 
凄い弾力です。異常です。ビ◯レではまず味わえないフッワフワ感です。
 
 
これで顔を洗うのか…
洗ってみる。ぶわっ!
 
 
 
 
blog_import_54ccb57e9a048

 

 
こうですか?もう洗顔の仕方なんか忘れちまったよ…
 
 
blog_import_54ccb581de884

 

よく言う『泡を潰さないように、転がすように』洗うっていう感覚を初めて味わいました。
 
 
泡の密度が高すぎてもう息もできません。
 
 
blog_import_54ccb5800924c

 

これで合ってますか?洗顔できてます?
 
 
そろそろ流しましょうか。
 
 
blog_import_54ccb584d799a

 

次は化粧水をつける!
 
 
blog_import_54ccb587cfaea

別に普通です。と思いきや、なんか染み込んでくる感じ。。。でもさっぱり。

 
 
次に初めて乳液というものをつけました。
 
 
blog_import_54ccb586713ac

 

ふむ。
 
 
blog_import_54ccb583a9c4b

 

 
豪快にかつ繊細に。
 
 
あ、なんか思ったよりベタベタしない。
 
凄い。凄い良いよ!なんかモチモチしてる!もち肌ってやつ?やばっ。
 
 
っていうテンションになりましたよねw
 
 
元エスティシャンの嫁さんも化粧水を除いて使用したみたいですが、洗顔に関しては皮脂をしっかり取る感じ。洗い上がりはさっぱりで突っ張る感じは無かった。泡の弾力と吸着力は抜群です。
 
 
乳液はお気に入りで、ベタベタとしたイメージで毛嫌いされる事が多くて使用しない方も多いらしいのですが、ベタつかずしっかり保湿されてる感じでしっとり感はそのまま。乳液が苦手な方には是非使って欲しい!という使用感でまるでバルクオムの回し者かというようなコメントをしてくれましたw
 
 
メンズコスメですが女性の方にもありなのかもしれないですね。
 
 
 
僕の使用感としてはリピ確定。バリ良いよ。かなりお勧めレベルです。
 
 
ふぅ。最近で一番気合い入れて書きましたwバルクオムさんなんか下さいw
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    Palacchi豊中店出勤カレンダー
ご予約や来店前のカウンセリングにご利用頂いるLINE@です。ご予約のお問合せやスタイルのご相談等お気軽にご利用ください↓ HOT PEPPER Beautyからのネット予約も便利です。こちらからどうぞ↓ Palacchi 豊中店へのアクセスはこちらからどうぞ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

sumitatsuya

阪急豊中駅近くのPalacchi豊中店のスタイリスト。カラー剤『THROW』を駆使した究極のアッシュを体現。髪をベースから作り込み色持ちや発色の良さ、髪への負担を最大限に考慮した中長期的なプランを提案する、地域随一のカラーテクニック。しがらみの無い柔軟な発想でサロンワークに取り組む一方、ウェブ上で個人メディア等を通じてサロン外でもお客様に携われるように絶えず発信をしている。