彼女の希望

Pocket

こんばんは。

昼間暖かかったですね。ヘアークルーの澄です^ ^

オーダーを伺う時によくあるシーンでスマホで画像を見せて頂いて…ってのが最近多いですよね。

イメージも明確になって、とても助かってます。

今日はそんな感じで見せて頂いた画像が、いつもと方向性がかなり違った時のお話し。

馴染みのお客様には遠慮無く言っちゃうんですげ、『おっ、いつもとかなり違いますね。どうしたんですか?』
この『どうしたんですか?』っていうのは別に悪意は無くて、お客様の気持ちを汲み取りたいので聞くことにしてるんですが。

春だからとか、イメチェンでとか、インスピレーションを高めようと。

んで割とある、続く言葉が

『彼女の希望で…』

なんですよね。

いいですよね。彼女さんの愛を感じます。そしてそれに応えようという彼氏さんの気持ちも素晴らしく素敵です。

彼女さんが、『これ似合うんじゃない?』と探してくださったんですね。

今までの髪型は彼女さん的には好みじゃなかったのな…という事もよぎりますね

んでまぁ、このスタイルは今までこういう風な所が違うんですよ、と説明させて頂いてカットスタートです。

お客様の目線と美容師の目線は結構違う所を見ていることがあるので、そこを詰めるカウンセリングは要チェックです。

のし掛かるのは目に見えない彼女様のプレッシャーw
全く同じ形にできない理由はお客様には説明してるんですが、同じ説明を彼女さんにするのはちょっと考えにくいし、ましてや仕上げのセットも御自身でされるのとは違う所もあると思いますので、『今日は会わないんですよ、後日見せます』となれば、セットの仕方の説明にも熱が入ります。

まぁ全てはオーダーしてくれたお客様の為、カットさせて頂いた方を飛び越してそのスタイルを勧めて下さった方の為を思っての口うるさいスタイリング講座なんです。

どうか素敵なスタイルでお会いできますように…『えっ…それは…』と言われませんように。

そんな思いで今日はカットさせて頂きました。

お客様のヘアースタイル決定の背景から探る美容師の思考事情でした。

もちろん毎日、毎回全力です^ ^

20150321-203312.jpg
    Palacchi豊中店出勤カレンダー
ご予約や来店前のカウンセリングにご利用頂いるLINE@です。ご予約のお問合せやスタイルのご相談等お気軽にご利用ください↓ HOT PEPPER Beautyからのネット予約も便利です。こちらからどうぞ↓ Palacchi 豊中店へのアクセスはこちらからどうぞ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

sumitatsuya

阪急豊中駅近くのPalacchi豊中店のスタイリスト。カラー剤『THROW』を駆使した究極のアッシュを体現。髪をベースから作り込み色持ちや発色の良さ、髪への負担を最大限に考慮した中長期的なプランを提案する、地域随一のカラーテクニック。しがらみの無い柔軟な発想でサロンワークに取り組む一方、ウェブ上で個人メディア等を通じてサロン外でもお客様に携われるように絶えず発信をしている。