黒染め後のカラー【GN3との戦い】

Pocket

こんばんは。

朝ブログを書いてからそれなりに仕事させて頂いたヘアークルーの澄です^ ^

といっても大体手が空いてましたので、オーナーのお客様のちょい難解なカラーをかって出ました。

黒染め後のカラーです

そのややこしさは言わずもがな、でしょうか。色ムラ、赤み、乗り越えなければいけない壁がたくさん…。

幸いカルテにデータが残っているので参考に。

『去年12月にGN3で黒染め』

黒いな〜。GN3とかマジかよ…という心の声が思わず声に出たのは内緒です。
この【GN3】という薬剤はうちの店ではもうこれより黒いのはあと一段階黒いのしか無いよー!っていうぐらい、最高の黒に近い黒でして…オーナー攻めたな〜

んでも自分から手を挙げたんで、いい結果を残そうと。頑張ります!

まずは髪の毛を拝見。

20150412-211932.jpg

く、黒いな…4ヶ月経ってもほとんど色落ち無し。

ここからまずは黒の染料を取り除きにかかります。
方法としてはブリーチが一般的でしょうか?ただやはり髪のダメージが気になるので、今回は【脱染】という方法を取りました。

ブリーチよりも負担を少なく染料を取り除けます。
ただデメリットもありまして、赤み、オレンジみが残りやすいという事です。やはりブリーチよりもパワーが弱いので…

んでも今回脱染でいこうか、となったのはお客様のオーダーが『割とビビットなレッド系カラー』だったからです。んなら赤み残ってても全然いっかーと。これがアッシュ系やくすんだカラーでしたらもっと大変でした。髪の毛の負担的にも。

ではいざ脱染!とりゃー!

20150412-212558.jpg

おっしゃ。割と抜けましたね。というか思ってたより抜けてくれました。

こっからカラーオン。今回はヘアマニュキアを使用して、レッドいきます。ワインレッドプラン少しバイオレット。

20150412-212752.jpg

とまぁ刺激的なカラーなりましたが。お客様のご希望には添えたかなと思います。

ま、やっぱり黒染めから明るくしてカラーは何かと大変ですね。

ということでお客様にお伝えしたい事が一点。

やっぱりカラーは、特に黒染めは美容室でしよう!

結構お家でホームカラーなさったりする方がいらっしゃるんですが、ダメージも大きいし、何よりこちら美容師側にカラーの履歴情報が全く無い!ってのが結構しんどくて。

ましてや黒染めとなりますと。どんな薬を使って、どの様に染めたかがその後のカラーをするにあたって大変重要になってきます。

就職活動や面接等様々な理由で髪を暗くしないといけない場面があるかと思いますが、美容室にはそれこそ多種多様な暗さのカラー剤がありまして。

後で明るくしたいから自然な色落ちをしてくるようなカラー。
もうこの先絶対明るくしないから色落ちの無い漆黒の黒!
とか、お客様のご要望やライフプランを考えて提案させて頂きます。

今回の様にデータが残っていてもわりかし骨が折れます。僕自分のお客様ならまずGN3は使わないし…黒染めで無くても、なんかよくわからない染料が残っていたりで色をばっちり表現出来なかったりしますし…

なので安易なホームカラーは出来れば遠慮して頂きたいなぁと思います。

久しぶりに黒染め後のカラーをしたら思いが溢れて偉そうに書いてしまいました。失礼しました。久しぶりにしたら本当結構大変だった…

と、ここまで書いて実は一回この記事消してしまいまして…笑目の前が真っ暗になりました。つら…

明日は定休日でお休みです!よろしくお願いします。

    Palacchi豊中店出勤カレンダー
ご予約や来店前のカウンセリングにご利用頂いるLINE@です。ご予約のお問合せやスタイルのご相談等お気軽にご利用ください↓ HOT PEPPER Beautyからのネット予約も便利です。こちらからどうぞ↓ Palacchi 豊中店へのアクセスはこちらからどうぞ↓

ABOUTこの記事をかいた人

sumitatsuya

阪急豊中駅近くのPalacchi豊中店のスタイリスト。カラー剤『THROW』を駆使した究極のアッシュを体現。髪をベースから作り込み色持ちや発色の良さ、髪への負担を最大限に考慮した中長期的なプランを提案する、地域随一のカラーテクニック。しがらみの無い柔軟な発想でサロンワークに取り組む一方、ウェブ上で個人メディア等を通じてサロン外でもお客様に携われるように絶えず発信をしている。