私的年末ご予約おすすめ日!@布施

Pocket

こんにちは!東大阪布施の『ヘアークルー』スタイリストの澄です^_^

あと数日で12月になりますね。年末にかけて、皆様お忙しくなっていく事でしょう。
私達美容室業界も、例に漏れず年末は大忙しのお店が多いと思います。
11月に美容室に行ったら担当の美容師さんに
『年末は混み合う事が予想されますので、宜しければお早めのご予約をお願いしますm(_ _)m』

とお願いされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今日は、『なんで美容室は年末混むんや?』という事と『この日がご予約狙い目になるのでは?』というおすすめの日を考えてみました♪
まず前提に『年末年始は美しいヘアースタイルで』過ごしたいという事があります。
これは、年を越すにあたっての心理的な物と、お正月あたりに人と会うことが多くなるのかなぁという所から考えました。

僕も年齢を重ねる毎にその気持ちが強くなってきまして(^_^;)
やっぱり年末髪の毛やりて~!ってなりますので。
では『美しいヘアースタイル』とは?

まず『型』ですよね。カットに関して。ヘアースタイルそのもの。伸びきってボサボサは以ての外。やっぱり綺麗にカットして年越しを迎えたいところです。

『パーマ』はどうでしょう?その方のヘアースタイルによって必要であればあてときたい所ですね。縮毛矯正、ストパー然りです。
『カラーリング』こちらはおしゃれ染めと白髪染めに分けられますが、特に白髪染めに関しては細心の日程調整が必要でしょう。
早く染めすぎるとお正月を白髪が出ている状態で迎えなければいけません。
やっぱりできるだけ染めたてに近い状態で年越したいですね。
おしゃれ染めに関しては、根元のプリン具合と毛先のお色の加減ですかね。
綺麗な髪色でお正月を迎えられると
「一富士二鷹三カラーリング」という風な縁起の良い初夢が見られる事受け合いです。
さて、『美しいヘアースタイル』で年末年始を過ごそうとなると、どうやら年末ギリギリに近い所で美容室に行く方が良さそうですね。

しかし!お客様の中にはいつもの来店周期だと12月前半かな~?という方が少し遅らせて年末に。
1月前半かな~?という方が少し早めて年末にという具合にバッティングする訳ですね。
いつもの来店周期の方とも重なって、『ご予約がご希望のお時間に取れない』という現象が起こりがちになります。
『それなら、いつが空いてるの?』

これは、お店の定休日にもよりまして、私的な考察で一概には言えないと思いますが予測してみました。
{04118DAB-F931-4C93-A946-77CADC55E717:01}
こちらの赤丸がヘアークルーの12月の定休日です。
まず12月前半は空いてます!なんやったらガラガラです(°_°)w
しかし、前述の通りやはり年末に近い所でとなりますと…
『24日』『25日』

ではないでしょうか!
クリスマスという事とど平日なのでご予約は少ないと思います。
「これからデートですか?グヘヘ…」
なんて下らない事を聞いてくる美容師にはハイキックかまして下さい。僕が許可しますw
そんなど平日行ける訳ねーやん!という方。
そうですよね。申し訳ございません。
では『20日』『21日』はいかがでしょうか?
こちらも混み気味かもしれませんが、26日の金曜日が仕事納めの方が割と多いのでは?
という事はそこからラッシュが始まり27日28日は激混みが予想されます。
少し早めですが年越しまで2週間なら許容範囲内では?と考えました。
という訳で12月おすすめご予約日は
『20日』『21日』『24日』『25日』

でございます!
個人的な予想ですので全く的外れだったらすみません(^_^;)
是非スムーズなご予約で、美しい年末年始ヘアースタイルを手に入れて下さいまし。
ご予約はこちら↓↓↓
東大阪 布施 美容室 HAIRCREW ヘアークルー 澄辰也
    Palacchi豊中店出勤カレンダー
ご予約や来店前のカウンセリングにご利用頂いるLINE@です。ご予約のお問合せやスタイルのご相談等お気軽にご利用ください↓ HOT PEPPER Beautyからのネット予約も便利です。こちらからどうぞ↓ Palacchi 豊中店へのアクセスはこちらからどうぞ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

sumitatsuya

阪急豊中駅近くのPalacchi豊中店のスタイリスト。カラー剤『THROW』を駆使した究極のアッシュを体現。髪をベースから作り込み色持ちや発色の良さ、髪への負担を最大限に考慮した中長期的なプランを提案する、地域随一のカラーテクニック。しがらみの無い柔軟な発想でサロンワークに取り組む一方、ウェブ上で個人メディア等を通じてサロン外でもお客様に携われるように絶えず発信をしている。