黒染めはしっかり相談@布施

Pocket

近ごろ増えているのが『黒染め』という選択。

新生活を控えトーンダウン、若しくは黒く染めておかなければならない事情がやはりありますのでこの時期少し増えます。

この『黒染め』というビッグワードをググってみるとわりと注意を促すようなサイトがトップ付近に沢山上がってきてますのでお客様皆様知識をつけられているかなぁという印象です。

今更感もありますがどなたかの目に留まって頂ければと思い改めて黒染めを行う美容師の思考をお伝えしたいと思います。

思考っていうのは僕は黒染めをさせて頂く時にめっちゃくちゃ質問させて頂きます。

何でそんなに細かく聞くの?と思われる方もいらっしゃると思いますので記しておこうと思った次第なのです。

では!しつもーん!

・何で黒くしなければいけないのですか?

いきなりプライバシーに突っ込もうとしている危ない美容師に見えるかもしれませんが黒染めの動機はかなり重要です。その動機から黒くする具合を探ります。

お客様解答例…実習、進学、面接、入社、気分でetc…

では動機を伺った所で

・次に明るくカラーをするご予定は?

んなもん分かるかい!とお怒りにならないでください。大体で結構です。

これから実習が定期的にあるので1〜2年は明るくしない。

入社後社内の空気をみて明るく出来そうならしてみようかな?半年後ぐらい?

面接をいくつか受けるのだが速攻で決めるつもりなので1、2ヶ月後ぐらいかなぁ?

んなもん気分だから来月には明るくすっぜ!

等々。

あれ?僕の質問はこれぐらいです。意外と少ないですね。

んでもこの2つの質問からお客様にベストな黒染め、または暗染めとして提案させて頂きます。

たった2つの質問ですがお話ししているうちに本当はどうかな?と失礼ですが少し疑いながらお話しします。
なので2つの質問から派生し『どんだけ聞くの?!』というぐらいしつこい質問になってしまってます。

この相談が甘いとその後大変苦労致しますので…。

では最後に僕の黒染めとの戦いを良かったらご覧になっていってください。

いちえぬびー。@布施@黒染め落とし

いちえぬびーその後@布施@黒染め後のカラー

黒染め後のカラー【GN3との戦い】

行き着く先は…。@布施

クラウディーアッシュ@布施@メンズカット

    Palacchi豊中店出勤カレンダー
ご予約や来店前のカウンセリングにご利用頂いるLINE@です。ご予約のお問合せやスタイルのご相談等お気軽にご利用ください↓ HOT PEPPER Beautyからのネット予約も便利です。こちらからどうぞ↓ Palacchi 豊中店へのアクセスはこちらからどうぞ↓

ABOUTこの記事をかいた人

sumitatsuya

阪急豊中駅近くのPalacchi豊中店のスタイリスト。カラー剤『THROW』を駆使した究極のアッシュを体現。髪をベースから作り込み色持ちや発色の良さ、髪への負担を最大限に考慮した中長期的なプランを提案する、地域随一のカラーテクニック。しがらみの無い柔軟な発想でサロンワークに取り組む一方、ウェブ上で個人メディア等を通じてサロン外でもお客様に携われるように絶えず発信をしている。