豊中市ナイス。

Pocket

僕が住んでいる豊中市。

昨年12月に引っ越してきて早4ヶ月。

何だか子育て世帯に優しい印象なのです。

先日も家に冊子が届いてあって

中には子供連れウェルカムなお店や施設の情報が沢山あって驚きました。

もちろん美容室も掲載されていて、キッズスペースありますよ〜だとか保育士さん在中ですよ〜だとか。

飲食店なら子供向けのメニューがある事が明記されていたり、授乳室やオムツ替えのスペースがある施設なんかも記されていてとても素敵だなぁと思います。

子育て世帯がそういった事が明記されている店舗又は施設を利用するにあたって何を期待するかというと、子供達に対しての何か特別なサービスではなくて子供を連れて入店しても許容してくれるマインドを持ってくれているという事なんですよね。多分。

もちろん親としては子供に行儀良くさせる事に精一杯努めるのですが、やっぱり子供なのです。赤ちゃんなのです。

大人と違って泣きたい時に泣くし遊びたい時は遊ぶのです。

僕自身は結婚、妻の出産以前からそういった子供達の行き場の無い衝動みたいなのに寛容な方でして、電車で赤ちゃんが泣いていても飲食店で小学生ぐらいまでの子供が騒いでいても全く気にならず逆に微笑ましい気分になる事もありました。

中学生ぐらいからはね…。やっぱり社会のルールを学びだした方が良いのでは?自分が言えた事ではないけれどもw

自分が子育てを始めてたまに外食に行きたい事もある。ってか結構ある。

子供はぐずるし、コップの水はぶちまける。うどん屋で薬味の瓶を割った事もあったなぁ。意味不明に店員さんに喋りかけるのもAOIはよくやってくれる。

そんな時にやはり温度を感じるんですよね。店舗によって。本当すみませんすみませんの連続なのです。

自分も勿論そういった迷惑になる行為を申し訳なく思っているし、何か損害があれば勿論賠償に応じる覚悟です。
まぁそんな事は一度も無いので有難い事ですが。

破壊行為はダメですがこういった冊子に掲載されている店舗、施設は少〜しだけでも子供に対して許容してくれるのではないかなぁと期待値高めの【次行ってみよう】候補に上がるわけです。

何でも子供がいるから許してくれ精神ではなく、むしろ妻は子供がいる事によって他人様にかかる迷惑に非常に気を使っているのを感じますので、親でもどうにもならない子供の沸点の瞬間に店舗様方が少し許容して頂けそうな気配を感じる場所を集めて冊子にしてくれている豊中市に感謝いたしますよ。僕は。

こういった冊子作るのも大変だろうに。店舗施設ピックアップして、各々アポとって取材して。あ〜大変。

あ、こんな事を書くつもりではなかったのです。

重要なのは冊子の広告で。

才能を眠らせるな!くわっ!

(どうでもええ〜)

いや、、、体操教室の広告だったのですがなズキュンときたのでw

体操いいなぁ。させてみようかなぁ。

何かの才能が眠っているだろうか。うちの子達は。

僕は彼女達がやりたい事はさせてあげたいし、何か才能があるならばそれを引き出してあげたいです。

そのために仕事を頑張るのだ。わはは。

ま、最後に言いたいのは

僕は断じて子供を連れているから何でも許してね精神ではありません。いつも周りの方に何かと迷惑をおかけして申し訳ございません。

でございます。どうかご寛容をくださいますようお願い申し上げます。

    Palacchi豊中店出勤カレンダー
ご予約や来店前のカウンセリングにご利用頂いるLINE@です。ご予約のお問合せやスタイルのご相談等お気軽にご利用ください↓ HOT PEPPER Beautyからのネット予約も便利です。こちらからどうぞ↓ Palacchi 豊中店へのアクセスはこちらからどうぞ↓

ABOUTこの記事をかいた人

sumitatsuya

阪急豊中駅近くのPalacchi豊中店のスタイリスト。カラー剤『THROW』を駆使した究極のアッシュを体現。髪をベースから作り込み色持ちや発色の良さ、髪への負担を最大限に考慮した中長期的なプランを提案する、地域随一のカラーテクニック。しがらみの無い柔軟な発想でサロンワークに取り組む一方、ウェブ上で個人メディア等を通じてサロン外でもお客様に携われるように絶えず発信をしている。