THROWで染めたらすぐ色抜けるって方には

Pocket

月曜日働くのって素晴らしい。

Palacchi豊中店の澄です。

んや、今月は木曜日に休んで月曜日は働こうかなぁなんて気まぐれなシフトを組んだもんで、ここ10年間で大体休日だった月曜日に仕事してきたわけです。

まぁ別段普段と変わらないのですが、月曜日に営業しているってだけで来店してくださる動機にもなっていたりして会話の内容も何か『GWを闘い抜いた者同士』というような清々しい様な雰囲気がありました。ってなんだそりゃ。

THROWでトーンダウン

絶賛THROWカラー取り扱い中のPalacchi豊中店ですが(ほとんど僕が使ってますが)他店でもTHROWで染めた事がある方がわりと来店なさって、色が早く抜けたって感想を持っている方が多い様です。

確かにアッシュとか特徴のある色味は抜けやすいかもしれないですね〜と正直にお伝えしています。

退色後の色がまた素敵で味がありますよってのと。

それならば別メーカーの濃いめのブラウンで染めるだとか色々選択肢はあるのでTHROWカラーにこだわらなくてもいいかもですね〜。

という感じであまり固執しない提案はさせてもらってるのですが、結局は染めたての色は素敵なのでTHROWで染めるという流れも非常に多いのです。

ならばと少しでも色持ち良くとちょいちょいと細工するのですが、まぁ単純に一番効果的なのがガツンと濃いめに染め上げるというチョイス。

隠し味に…

とここからはTHROWjournalで書こうかなっと。

豊中の方は暗めがあまり好きじゃないのかも。。そんな風に感じる事も多いのですが。

暗めでも綺麗ですよ。

すぐ色が抜けるって方には一押しの暗め染め。

お試しあれ。

    Palacchi豊中店出勤カレンダー
ご予約や来店前のカウンセリングにご利用頂いるLINE@です。ご予約のお問合せやスタイルのご相談等お気軽にご利用ください↓ HOT PEPPER Beautyからのネット予約も便利です。こちらからどうぞ↓ Palacchi 豊中店へのアクセスはこちらからどうぞ↓

ABOUTこの記事をかいた人

sumitatsuya

阪急豊中駅近くのPalacchi豊中店のスタイリスト。カラー剤『THROW』を駆使した究極のアッシュを体現。髪をベースから作り込み色持ちや発色の良さ、髪への負担を最大限に考慮した中長期的なプランを提案する、地域随一のカラーテクニック。しがらみの無い柔軟な発想でサロンワークに取り組む一方、ウェブ上で個人メディア等を通じてサロン外でもお客様に携われるように絶えず発信をしている。